女の人

洗顔をしてバリア機能をアップ|敏感燥肌でお悩みの方へ

憂鬱な肌トラブル

洗顔する女性

肌の乾燥を改善するには

敏感肌とは肌の乾燥などが原因で、皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなっている肌のことを言います。皮膚のバリア機能が弱った肌は、ちょっとした刺激でも肌トラブルが起きてしまいます。敏感肌は生まれつき肌の弱い方だけでなく、ストレスや体調の悪化、季節の変わり目など、どんな方でも起こる可能性があります。肌トラブルは女性にとって憂鬱になるものです。敏感肌を改善するには、まず洗顔方法を見直したほうがいいでしょう。化粧品による対策も効果的ですが、洗顔方法をひと捻りするだけで、肌本来の健康を取り戻すことができます。また、お金もかからずに、誰でも簡単にできることなのでおすすめです。正しい洗顔方法のポイントはぬるま湯でこすらずにやさしく洗うことです。熱いお湯で洗ったほうが皮脂などの汚れが落ちるような気がしますが、熱いお湯で顔を洗うと、皮脂を取りすぎてしまい肌が乾燥してしまいます。肌荒れがひどい時は、洗顔料なしでぬるま湯だけで洗顔するほうがいいでしょう。ぬるま湯洗顔を続けることで、肌の水分バランスが整い、適度なうるおいがある肌を保つことができます。

季節性の肌荒れの対処法

最近では、食生活の乱れや日頃の生活習慣が原因で敏感肌になっている女性が多いようです。また、花粉症を患っている方は、花粉が舞う時期だけ敏感肌になることもあります。花粉で肌が荒れるだけでなく、鼻を頻繁にかむことで肌の刺激になり、ニキビや肌荒れの原因になってしまうのです。また、マスクを長時間つけることで、頬や口のまわりに赤みや痒みが生じることもあります。花粉症のような体調の変化で肌が過敏になり、いつも使用している化粧品で肌がかぶれる可能性もあります。そういう時は、洗顔料を低刺激のものに変えてみるといいでしょう。敏感肌には添加物の入っていない天然成分で作られた洗顔石鹸がおすすめです。チューブタイプの洗顔フォームは手軽に使えますが、界面活性剤が含まれていることがあります。界面活性剤入りの洗顔料は洗浄力が高いため、商品によっては肌に必要な皮脂や角質を洗い流してしまうかもしれません。肌の汚れが多いときはそれでもいいですが、敏感肌の人が使用するには向いていない可能性があります。そのため、チューブタイプのものを使用するときは、どのような成分が含まれているかを確認して、自分の肌に合ったものを選ぶといいでしょう。

Copyright© 2016 洗顔をしてバリア機能をアップ|敏感燥肌でお悩みの方へ All Rights Reserved.